違いは何!?似たもの同士のあれこれ

機能は同じ、じゃあ何が違うの?

私はIoT初心者です。
Connectedly Lab.には様々なデバイスがあり日々その機能の勉強に勤しんでおります。機械音痴な私はある日、一つの疑問が湧いてきました。
それは、、

「この二つのデバイス、似たような機能だけど、一体どのような違いがあるんだろう?」

このような疑問を抱いてググってみた方は少なくないと思います。
ですので今回は、Connectedly Lab.にあるデバイスを例にとってその違いを説明させていただきます。

iRobot RoombaとCOCOROBOの違いは?

IMG_0110
Connectly Lab.には二台のお掃除ロボがいます。
その名は「Roomba(ルンバ)」と「COCOROBO」。主な機能はもちろんお掃除。他にどのような機能があるのでしょうか。
まず共通の機能としてあげられるのが、以下の通り。

①スマートフォンとの連携。
②壁際、家具の脚周りも綺麗に。
③ゴミ捨て、お手入れが簡単にできる。

スマートフォンで操作できることによって、外出中でもお掃除させることを可能にしました。立派なIoTと言えます。

そして、気になるそれぞれのロボの特長をあげてみたいと思います。

Roombaの特長

・付属品の「バーチャルウォール」や「お部屋ナビ」でルンバの立ち入りを禁止することができる。また、連続した複数のお部屋も順番に掃除してくれる。
・毎日掃除する時間を15分刻みで決められる。

COCOROBOの特長

・ボイスコミュニケーション機能を搭載。動作中や、話しかけられた時にしゃべります。
・運転中に、プラズマクラスターイオンを放出
・カメラが内蔵されていて、スマホから撮影した映像を見ることができる。

以上のようになりました!Roombaにはより掃除に特化した形や機能があり、COCOROBOにはボイスコミュニケーション機能やカメラ機能など、よりIoT的要素が強いイメージでした!

Netatmo welcomeとarloの違いは?

IMG_0117
Connectly Lab.にある複数のスマートセキュリティカメラ。どれも同じような機能。そう思ってしまう方もいるかもしれませんが、ちゃんと違いがあるのです。それではNetatmo welcomeとarlo(どちらもカメラです)を比べてみましょう!まず共通の機能は、

①動作検知をして撮影をする。
②HDビデオ
③夜間撮影
④ライブストリーミング(リアルタイムの映像を離れたところから見ることができます。)

とこのくらい挙げられますが、どちらもセキュリティカメラの役割をしっかり果たしていますね!

気になる違いは、、

気になる違いですが、目立つものが1つずつありました。
Netatmo Welcomeは…

顔認識機能!!

Netatmo Welcomeの最大の特徴は顔認識機能があることです。あらかじめ登録しておいた人物がカメラを横切ると、スマートフォンなどの端末にその人物が通りかかったことをお知らせしてくれます。登録されていない人物が通ると、「知らない顔が通った」と通知してくれます。
以前の記事でこのデバイスについて詳しく解説をしています。詳しくはこちら

そして、arloの最大の特徴は…

100%ワイヤレス!!

セキュリティカメラなのにワイヤレス。さらにカメラはコンパクトな手のひらサイズ。スマートという言葉をぎゅっと詰め込んだかのようなカメラです。また防水ですので屋外に設置することも可能です。

いかがでしたか?似たような機能に見えて、違いがあることに気づいていただけたと思いますが、用途によって使いたいデバイスも変わってくるはずです。このような違いを見つけるのも、IoTの楽しみ方の1つです。実際に見てみたい、もしくは触ってみたいという方は、ぜひConnectly Lab.へお越しください!