革命的防犯カメラ、”welcome”で未来の住まいを体験しよう!(その1)

はじめに

この企画では、”Netatmo”という企業が開発・販売している、”welcome”というネットワークカメラについて、実際にConnectly Labのスタッフがアプリケーションを開発し、応用例を模索するというものです。
第一回目では、この”welcome”のどこがすごいのか、何ができるのかを、説明していきたいと思います!

 

“welcome” とは!?

スクリーンショット 2016-04-12 16.27.45
一言で言うと、「家庭用ネットワーク防犯カメラ」です!
大体500mlのペットボトルと同じくらいの大きさで、カメラにありがちな ”いかつい” という雰囲気はなく、モダンでスタイリッシュな形状が特徴です。初見、僕もこれがカメラだとは気づきませんでした。
外見からすでに注目を引くこのデバイスですが、気になるのは「これを使うと一体何ができるの?」というところ。

 

何ができるの!?

不審者を検出してくれる!

スクリーンショット 2016-04-12 16.54.50
上の写真のように、リアルタイムでカメラの映像をモニタリングしてくれます。すごいのは、顔認証機能が付いており、登録したユーザーが通るときに、その部屋への出入りを管理し、通知してくれます。逆に、登録していない顔の人がカメラに映ると、「知らない顔」として、通知してくれます。
また、撮っている映像もかなりの高解像度!これだけでも何か有能な匂いがしてきました。

スマホのアプリからいろいろ操作できる!

IMG_0106
何とこのカメラ、公式アプリから、上記の通知を”いつでもどこでも”(インターネットがつながっていれば)受け取ることができるのです!不審者がいつ入ってきたのかという情報はもちろん、お子様やおばあちゃんが何時に帰ってきたのかという情報まで受け取ることができます。
極めつけは、今カメラが撮っている映像を、アプリを通してリアルタイムで視聴することができるというもの。凄すぎでは、この防犯カメラ。

SDKを使ってオリジナルのシステムを作ることができる!

これは開発者向けの情報なのですが、会社から公式にAPIとSDKが交付されており、開発者登録を無料で行えば、誰でも自由にオリジナルのシステムやアプリケーションを開発することができます。
https://dev.netatmo.com

 

どれくらいお金がいるの!?どこで買えるの!?

ここまで記事を読んだあなた、おそらくこの防犯カメラが家に欲しくてたまらなくなっているでしょう。ただここまで見た目も機能もクールなカメラ、おそらくバカ高いに違いない。。。
そう思っているあなたに朗報です!

な、、なんと、、、

スクリーンショット 2016-04-12 17.19.09

約3万円で買えちゃうんです!!!(◎_◎;)
普段大学生の筆者でもやりくり頑張れば買えちゃうレベルです。
端的に言って神プロダクトですね。
Amazonでポチれば、2~3日後にあなたの家に届きます。

 

まとめ

いかがでしょうか。こんな防犯カメラが手軽に手に届く21世紀に感謝ですね。
次回からは、実際にこの”welcome”を使ってどういうことができるのか、スタッフが手を動かしながらお見せしていく予定です!
お楽しみに。
welcomeの公式ページはこちら

執筆:梶原